で、寝る。マオです。

注文してた物が届いていたが、忙しくて放置してしまった。
丁度、雨が降ったり材料待ちが発生して仕事が休みになったので一気に設置。


「Right-EAR Pillowspeaker PS-21」を買ってみました。
簡単に言っちゃうと薄型のスピーカーで、枕の下に敷いて使う。
普段はヘッドホンかイヤホンを使ってるけど寝る時は気になって使えないし、寝返り打つとケーブルの付け根にダメージが・・・。
ってか、既にイヤホンの片耳が死んでしまったのだ(白目)
カバーの色は5種類で写真の買ったヤツはPattern-3。
(Pattern-1Pattern-2Pattern-3Pattern-4Pattern-5)

PCから音を出して性能チェック。
音量とかがヘッドホン基準で設定してあるので、それだと音が小さ過ぎたので少し音量を上げた所、良い感じに聞こえるようになった。
何もしない状態だとただのスピーカーで普通のスピーカーよりは小さいが、それなりの音量が出る。
この上に枕を置くと音が抑えられて、頭を載せると良い感じに音が聞こえるのだ。
残念ながら比較対象が無いから、この手の枕に使うスピーカーの安いヤツとどのくらい違うのかが分からない(笑)
一応、私の持っているスピーカーでは一番高い物になったな。

性能テストは良いのだが、流石に音楽を聴くのにPCを立ち上げるのは鶏を牛刀で割くようなもんだ。
後、音量とかを毎回変えるのも面倒。
というわけでネットワークオーディオの世界に手を出してみる事になった(沼の入り口)
音楽データを保存するNASは既に存在しているので、後はこれを再生する物が必要になる。
この再生する機構をレンダラーと言い、2年ほど前に買った省電力で小型で3.5mmフォーンプラグが付いているRaspberry Piが良い感じらしい。
入れるOSやらソフトは色々存在するのだが、今回はVolumioを入れてみた。
MicroSDにダウンロードしてきたイメージファイルを書き込んで差し込むだけだ。
DHCPでIP割り振られるので対象のIPか「http://volumio.local」にWebブラウザからアクセスして設定を色々する。
やる事は日本語へ変更とNASの場所を知らせる所くらいだな。


操作はWeb上で出来るので、ローカルネットワークに接続すればスマホでも行ける。
PCを立ち上げる必要は無いのだ。

数日使ったが良い感じに音楽聞きながら安眠出来ている。
・・・仕事疲れがヤバイのかなぁ・・・。
これで目標は達成したが所有しているRaspbeyyr Piが有線のみなので少し煩わしい。
最新のヤツはデフォルトでWiFiとBluetoothが内蔵されているらしいから、もしかしたら買ってしまうかもしれぬな。
ちょっと心配なのがスピーカーの線が細いから断線しそうな気がするのよね。
長生きしてくれる事を祈る。

現在、そば殻枕を使っているのだがもっと包み込まれるような枕のが良いのかなぁ?
低反発枕もあるんだけど、そっちは音の通りが宜しくない。
今度は最適な枕を探す事になりそうだ(笑)

カテゴリ/タグ:退屈な日常 /    
コメント (0)

いつもの荒くなるヤツ。マオです。

いやー仕事が忙しい。
先月からお仕事忙しいモードがずっと続いています。
まさかここまで件数がスタックした上に、重量級案件が2件も来るとは。
重量級1件は終わったが、今やってるもう1件が膨れ上がっているので来月くらいまで地獄のような状態が続きそうな気がする。
膨れ上がる事は利益的には悪い事じゃないんだけど、休みが欲しい(切実)
そしてもう1件の重量級が見え隠れ中。
10月も死んでるかもしれーぬ。

そんなこんなでストレスが溜まって、物欲が暴走している模様。
その一端がCPUクーラーやらファンやらなんだが・・・。
昨日も新しい物を注文して配送待ち。
勢いが付いたら、後2つほど注文してしまいそうだ。
節約したいんだけどなー。

カテゴリ/タグ:退屈な日常 /    
コメント (0)

気に入った。マオです。

ハイエンド空冷に手を出した記事の最後に気になった事があると書いたけど、前に追加した某CM社のケースファンが軸ズレを起こして異音を発するようになった。
このケースに追加したのは2個だけど、もう片方も結構うるさく感じるんだよね。


ってな訳で、CPUクーラーのファンで気に入ったNoctuaの「NF-A14-PWM」を買ってみた。
3個ほど。
交換したかったのは2個なんだけど、既存でFracal designのDefine R5に付いているファン「Dynamic GP-14」は静かだけどパワー不足を感じるのでついでに交換。


色は相変わらずだけど最大回転数と低速時の静音性は凄いな。
ちなみに付属品に分岐ケーブルや延長ケーブル、そして静音用のケーブルまで付いてくるという素敵仕様。
フロントの2個とリアの1個をNF-A14にして、付属のGP-14は下部からグラボを冷やすファンになって貰った。
アイドル状態はかなり静かになって、NASのがうるさく感じるようになった。
いつかNASのケースをR5に変えて今回余ったGP-14をフロントに取り付けたいわ。
流石に100%で動かすと凄い音になるけど、吸気排気も強くなるのでエンコード時に3.8Ghzで60度キープ出来ているっぽい。
素敵なPCになってくれた。

これでしばらくは強化しなくても良いと思われる。
前の記事にも書いた通り、M.2スロットのSSDくらいしか頑張れそうな所が無さそうだ。
熱対策もそうだけどOSの入れ直し作業もめんどうそうだからやりたくないなぁ。
SATAの大きい容量のSSDを手に入れて、SSDの台数を減らしたいってのはあるかもしれぬ。
ま、それより先にNASのケース交換が先だな。
仕事が一段落したと思ったら、来週からまた忙しくなりそうなのでそれが終わったら考えるとするか。

買ってよかった。マオです。

新PCのパーツ紹介の記事で書いたロマン溢れるヤツを買ってみた。


Noctua「NH-D15 SE-AM4」
です。
巨大なフィンのダブルタワーに140mmファンを2つもくっ付けた、どう考えてもロマンしか存在しないような空冷CPUクーラー。
見た目はこんなんだけど実力は本物なハイエンド空冷だ。
届いた時に箱がでかくてビックリしたわ。
電源の箱よりでかいの。


こんなのが入っていれば、箱もでかくなるな。


前に取り付けていた無限五との比較。
ファンも120mmから140mmになってるし、その分フィンが広くなっている。
ツインタワーも合わせるとかなりの厚さがある。


グリスはThermal GrizzlyのKryonaut(TG-K-001-RS)を使用。
前はシルバーグリスを使ってたが、これで熱伝導率が3.5W/mKほど上がる。
ちなみに私の塗り方は真ん中に出して、クーラーで押し潰す方式をやってます。


取り付けるとこんな感じで圧迫感が半端無い。
コネクタが隠れてしまうので先に繋いでおいた方が良い。
付属品に分岐ケーブルが付いてくるので2つのファンを1つのコネクタで接続が出来る。
回転数を抑えて騒音を減らす為のケーブルもあったりするが、コントロールするので使わない。
今回買ったのはAM4ソケット用のパーツが専用に付いているセットなので、Intelの方で使う場合は別のバージョンの製品を買えばいいだろう。


メモリの大きさによっては前方のファンが接触するのでファンの位置を調整する。
うちのはCrucialの「Ballistix Elite(W4U2666BME-8G)」で、ヒートシンクを入れると結構高さがあるが、問題無く装着出来る。

面倒なパーツ交換とかあったけど無事に終了して色々やってみた。
OCCTを室温29度で1時間ほど回す。
無限五では3.7Ghzが80度越えくらいで限界だったが、NH-D15だと3.9Ghzで68度とまだ余裕がある状態。
4.0Ghzまで行くと電圧が少しアレなので試してないが、問題無く行けそうな気がする。
現在、常用3.8Ghzで動かしてます。
アイドル状態なら41度前後だけど、使い始めると微妙に生暖かい風が排出されるから、この時期は結構ツライ。
もう少し涼しくなったら暖房として3.9Ghz引き上げるとしよう。

これでCPUに対してのパワーアップは終わりだな。
もっと頑張るならCPU交換になってしまうな・・・。
パワーアップする所が残ってるとすれば、M.2スロットのSSDを付けてOSをブチ込むくらいか。
問題は熱対策がめんどくさそうという所。
何処まで体感が変わるかは不明だけど、いずれは導入したい物だ。
今回の実験中に少し気になった事があったので、それは対応が出来たら記事にするとしよう。

感動的だった。マオです。


いつも食料品を買いに行っているスーパーで初めてライムが売っているのを見た。
ふと、やってみたかった事があったので買ってしまった。
テキーラを好んで飲んでいるけど、ライムを齧って飲むという標準的な飲み方をやってなかったのでやってみる事に。
普通の塩をライムに振って齧った後にテキーラを含む。
口の中で果汁とテキーラを合わせて飲む。
普段は炭酸系のジュースで割るかストレートだったけど、これは甘みが凄いな。
何を使わずにストレートだと喉とか鼻に来るけど、これなら味わって飲む事が出来る。
これはライムが簡単に手に入るならまたやりたいなぁ。
ライム果汁とか通販でも使わないと手に入らないんだよね。
レモンでも代用が効くのかしら?
塩も岩塩とか用意してみたいな。

カテゴリ/タグ:退屈な日常   
コメント (0)