意外とまだある。マオです。

今年の仕事も終わり、ここ最近放置していた部屋の片付けを再開した。
とある理由により入手したテーブルと椅子を搬入する。
今までは座布団で座っていたが、ついに椅子に座る事が出来るようになった。
テレビ(多人数で見る為のディスプレイと化している)が床で座っていると高過ぎて首が痛かったが、これで目線が同じくらいになる。
テーブルのサイズも少し大きくなったが存在感があるので、何か圧迫感もあったり・・・。


世間ではミニファミコンが話題になっていたが、少し前にガチのファミコンを発掘した。
ようやく暇が出来たので本格的にコイツの相手をする事に。
動かせるかは確かめて無かったのよね。
ダメだったら外観だけ使ってPC化をするつもりだったり・・・。
探してみたが、付属品のRFスイッチはあったのだがACアダプタが無かった。


無かったら買えばいいじゃないという事で互換品を買う。
これで準備が整ったのだが、接続するのが面倒だったりする。
既存のアンテナの線と切り替えないといけない。
RFスイッチで混合すれば付け替え作業が省けるが、せっかくF型コネクタになってるのを切り落としてケーブル剥き出しにする必要がある。
お金で解決する方法があるが、今回は動作テストなので付け替える方向で・・・。
テストの結果、問題無く起動したし遊べた。
ただしカセットの大半を売ってしまっているので、出来るゲームが3本しかない。
昔の思い出のゲームでも手に入れてみようかしら・・・。


ちなみにスーファミも発掘されている。
が、こっちはカセットが1本も無い為に動作テストが出来ない。
再びやるとは思わなかったからなぁ(笑)

・・・おもちゃは出てくるが、部屋は片付かず・・・(白目)

稼動はするっぽい。マオです。

Raspberry Piのケースになる適当な素材は無いかと部屋を漁ってた所、懐かしい物を発見してしまった。

DSC_1086
MSXです。
前にGanちゃが持ってきたヤツもMSXなんだけど、メーカーが違う。
GanちゃのはSonyで、私のは三洋電機(色々な会社に蹂躙されちゃったね)のです。
MSXはマイクロソフトとアスキー(メディアワークスとくっついて、角川グループに吸い取られちゃったね)が提唱した規格で、その規格に則ったMSXが色々なメーカーから出てました。
近年での同様の例を挙げると3DOかな。

カセットは見つかったけど、本体が何処に行ったのか記憶から消えてて捨ててしまったかと思っていたが、ようやく発掘された。
確かビデオとオーディオの端子が接触不良で表示が出来無くなって、お蔵入りになっちゃったんだよね。
分解して確認してみたら、端子部分の半田がクラックしていた。
半田を盛ってみたけど、作業のやりづらい状態だったのでうまくくっつかなかった模様。
でも、接触部分が大きくなったようで、昔より表示できる場合が多くなった。
前の半田を除去して盛らないとダメかもしれんね・・・半田吸い取り線を買ってこなきゃ・・・。

後、カセット部分の接触も悪いようだ。
2つほどストッロがあって、片方が機能していない感じ。
テープドライブは実験のやりようが無いし、プログラムでも組まなきゃ使わないから良いか・・・テープでセーブするようなゲームも持ってないし・・・。

・・・で、結局Raspberry Piのケース候補の捜索は次回に持ち越されるのであった。

カテゴリ/タグ:退屈な日常 /    
コメント (0)

年末に向けて。マオです。

色々な物を処分する機会が出来たので、いらない物を発掘している。
今回一番多かった物はケーブル類だ。
中身が銅線なので良い感じにお金になる。
世間では原材料価格が跳ね上がっているようだが、鉄やら銅も上がっていて、買い取りなんかも一緒に値上がりしているのだ。
軽く漁ってみたら一抱えくらいある量のケーブルが出てきた。
基本的にSCSIケーブルだ。
当時、SCSIもコネクタ形状がUSBのように大きくなったり小さくなったりして面倒だった。
その為に一杯ケーブルがあるんだよね。
流石に一般ではSCSIを使う事はないし、USB変換機もある事から処分する事になった。

DSC_0874
Windows95のインストールディスクが発掘された。
しかもフロッピーである。
同時はガチャガチャ入れ替えてインストールしてたんだよなぁ。
探せば何処かに伝説のMeのディスクがあるはずだけど、何処にあるんだろうな・・・。

もっと片付けて棚を広く使い!

 

カテゴリ/タグ:退屈な日常 /    
コメント (5)

ついに手をつけた。マオです。

前回のPCパーツ処分から良い感じに心のダイナモがギュンギュン稼動しているようで、今まで放置していたMTGのカードにも着手する事にした。
過去からの資産が大量で、物によっては当時より高額になっている物もありました。

DSC_0645
ちなみに写真の箱の上にあるカード7枚。
箔押されてまして、買取価格が状態が良い場合は全部で17000円となります。
確か、実際にゲームで使うにはカードが通常のカードと少し違うようで、その関係でコレクターアイテムとしては使われてましたが、当時のMTGはゲームの側面が強かったので、箔押はそんなに価値がある物じゃなかった。
で、私の場合は特定のカードを集めるコレクターみたいな感じだったので、トレードでついでに貰って集まっていたんだよね。
そんな感覚だったもんで、買取価格を見て驚いた。

それ以外にも過去に大量の高額カードを売りさばいた筈なんだけど、漁って見たら良い感じの値段のカードを発掘。
値上がりしたり需要が増えて買取してくれるカードもあって、写真にある箱のカードと合わせて、最高10万円の買取価格になりました。
まあ、状態が悪い物も結構あるので、半値くらいと見た方が良いね。

それ以外にも所有していたカードを全部売る事にした。
全部で5箱ほど郵送する事になった。
送料6000円也。
鑑定結果は来週辺りになるんじゃないかな?

長かったMTGとのお付き合いはこれで終了。
占拠されていた棚がスッキリしたので、少しは部屋が片付くと思いたい。

このタグ使うの久しぶりなんだ。マオです。


母が何処からとも無く発掘して渡されました。
調べてみると、東京オリンピックの記念1000円銀貨みたいです。
日本で初めて発行された記念硬貨だそうで、この貨幣を作るに当たり臨時の法律も作られたとかとか。
発行枚数は1500万枚でいくつかの記念硬貨を扱うサイトを見た感じでは、4000円平均で売買されてる感じですね。
どういう風な保管をしていたのか不明だけど、少しくすんでいたのでシルバーポリッシュで磨いたら写真のようにある程度綺麗になってくれました。
硬貨を入れるケースなんて無いので、とりあえずスリーブにいれて箱にしまっておく。
将来、値上がりすると信じているんだ・・・(死亡フラグ)

どうも、家のどこかに古銭がさらに隠されているとの事なので、いつか発掘されることでしょう。

カテゴリ/タグ:退屈な日常 /    
コメント (0)