今期の楽しみの一つ。マオです。


ハクメイとミコチ 6巻」が発売されました。
アニメも今月からスタートして見たけど、雰囲気も良い感じだった。
ってか、最初はマキナタじゃなくてアラビなのね。
出てくるキャラクターのインパクト的にはそっちのが良いのか、市場のゴチャっとした感じも今後の作画に期待が出来る掴みとして良かったか。
日常系でストーリーの繋がりが希薄なので問題無いか。
エンディングでコラムがちゃんとあるのも評価が高い。
珍しく本もアニメもクオリティが高い作品なので、今後も楽しみだ。

・・・作画がそのままのペースで行ける事を願う・・・(笑)

一気に来る。マオです。

漫画やらラノベの発売日やセールやってたりしたので、色々と買ってみた。


まずは「進撃の巨人 24巻」。
何か回想したり戻ってきたりと時間軸が変化し過ぎて、たまに訳わからなくなるな。
しかし、毎回続きが気になる終わり方しやがってぇ(笑)

Kindleの方で漫画版の「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」。
まとめて11巻分一括で買ってしまった。
かなり前に見た時はまだ電子書籍化されてなくてリクエスト送っといたんだけど、ちゃんと出てくれたんだな。
アニメ版から入ったけど、どっちも面白いな。
原作は・・・何か癖があるそうなので手を出せていない。


幼女戦記」。
明日までAmazonでセールやってて、売り上げ上位作品の値引きクーポンが来てたので6巻まで購入。
これもアニメから入って、原作は手を(略)
アニメ版はシリアス度が高めの戦記って感じだったが、コミック版のがギャグと可愛さの濃度が高い気がする。
ターニャと他者の物事に対する理解の差が面白くて、笑える即落ち2コマの波状攻撃が展開される。
そしてセレブリャコーフはこっちのがカワイクて好きです(笑)
これも結構楽しみな作品だわ。


で、いつもの「境界線上のホライゾン10巻中」。
帯で微妙なネタバレ喰らった(白目)
来年くらいには全部読み終えておきたいなぁ(諦)

ここまで買うと、しばらくは本を買わない気がするわ。

時間が無い。マオです。


境界線上のホライゾン 10上」が出ました。
相変わらず厚いんだけど、もう10巻なのか・・・上中下で出るから本棚は酷い事になっているがな!
ようやく3巻中の普通のラノベ1冊分まで読み進めた。
いつになったら追い付けるんだろうな(遠い目)


珍しく漫画を買ってみた。
転生したらスライムだった件」です。
1巻が無料だった時に買って面白かったので全購入。
Web小説のコミカライズらしくて、原作のラノベ版は値段がアレなので買う事は無いと思われる。
800ページ弱くらいでその値段だったら買ってたかもしれないな(ホライゾン感)

無性にラノベを読みたいんだけど忙し過ぎて読んでる時間が全くない。
この忙しさももう少しで何とかなると思いたいんだけどなぁ・・・。

頑張れブエル。マオです。


紅殻のパンドラ 11巻」発売です。
どうも最近は新書を調べる気力が湧かない状態で発売日に気付いたのが2日前。
シリーズ物の続きが出たら知らせてくれた上で注文まで出来るサービスが無いだろうか・・・。
電子書籍にするか悩んだけど10巻まで現物で持ってるので諦めて本で買い続けよう。

KAWAIIとKAWAIIが交わる夢のこらぼれーしょんが見たかったです(欲望全開)
クラりん単体だとポイントがそれほどでも無いんだけど、フォボスとセットになるとポイントが急激に上がるな・・・双子属性も私に刺さるのか・・・?
まだフォボスのカラー絵が無いっぽいが、白っぽいカラーリングでこっちのが好みかも。
サハルとタクミの過去も少し出てきたし、中々進展はしないな!

流れが変わってた。マオです。


進撃の巨人 23巻」と「ダンジョン飯 5巻」が発売されました。

何か進撃の巨人を読んだ時に前の巻との繋がりが理解出来ず、21巻を読んでようやく時間軸と状況を把握する事が出来た。
巨人って過去未来問わずに記憶が流れ込んで来てる感じだからなぁ。
また過去の話かと思ったぜ。
今後は外側の目線からストーリーが進むのかしら?

ダンジョン飯は急展開だったな。
まだまだこっちも続きそうな感じ。
しかし、マルシルが私の腹筋にダイレクトアタックしてくるのがツライ。
「学校はじまって以来の才女」辺りからの畳み掛けがヤバイなコレ。
マルシルはやっぱり才女(笑)だ!

この二作品は早く続きが見たいなぁ。